pinky plus

豊胸手術のリスクや費用のデメリット

豊胸手術,デメリット

 

バストアップのためにマッサージや食事など、何らかの努力をされた経験のある方は多いのではないでしょうか。

 

けれどそれらのことは効果を実感しづらいことから、モチベーションも上がらず、継続することも難しくなります。

 

そこで手っ取り早く胸を大きくするために、現在豊胸手術を検討されている方もいるかもしれません。

 

ですが豊胸手術には、様々なリスクが伴うことをご存知ですか?体への負担が少ないと言われている人工乳腺法でも、術後に大きな血腫ができることがあり、その時は放置せず再び手術をしなければなりません。

 

豊胸手術,デメリット

 

そして、カプセル拘縮といって、胸に固いしこりができたり、形が崩れてしまうということもあります。これは手術をした人の10人に1人の割合で起こると言われており、決して珍しいことではないのです。

 

体には本来、異物を外に出そうとする機能が備わっています。ですので、異物であるシリコンバッグを、外へ出そうと体が反応した結果、胸に異変が出てきてしまいます。

 

このカプセル拘縮は予防する方法もなく、まさに「一か八か」なので運に任せることしかできません。そして、もうひとつ怖い後遺症が、感染症です。

 

感染症にならないように、手術の数日前から抗生物質を処方するクリニックなどもありますが、それでもリスクがゼロになることはなく、たとえば脂肪注入した一部が壊死してしまったり、感染を引き起こすことで痛みや発熱、さらには化膿してしまうこともあります。

 

豊胸手術,デメリット

 

他にも左右に差が出てきたり、触り心地が不自然になってしまったり、ぼこぼこしてしまったりと、後遺症は様々です。

 

費用もクリニックによって差はあるものの、数十万から百万を超すところも珍しくないため、金銭的にも大きな負担となってしまいます。

 

また、豊胸手術をすると、乳ガン検診に行っても断られてしまうケースがあり、それが命取りになることがあるといっても過言ではないのです。

 

その点、サプリメントでは後遺症の心配もありませんし、日々の生活に取り入れやすいので無理なく続けることができ、自然な形でバストアップをすることができます。金銭的な負担が少ないのもうれしいところです。

 

バストアップサプリランキングTOPへ